子どもの口臭

2009年8月17日 02:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

口臭 プロフレッシュ オーラルリンス 口臭予防実力 No.1 酸素の力で長時間予防出来る本格的な口...

 

口臭は大人だけではなく小さな子供にも起こります。
まだ上手にブラッシングを行なうことができなくて、口の中に食べかすなどの汚れが付着して口臭が起こることがあります。
子どもが小さい間は、親が仕上げ磨きをするなど口の中の清潔に気をつけてあげるようにするといいでしょう。
それ以外にも子どもの口臭が起こる原因として、病気が隠れている場合もあります。
中でも一番の原因となるものはやはり虫歯でしょう。
虫歯が原因で口臭が起こっている場合には歯科医院で治療を受けることで改善することができます。
また、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などで常に鼻が詰まっていると、鼻呼吸ができず口をぽかんと開けて口呼吸になってしまいます。
鼻呼吸がきちんとできていれば口の中が乾くことはなく、雑菌の繁殖などの心配はありませんが、口呼吸では口の中が乾燥し雑菌が繁殖して口臭をおこすことがあります。
鼻の病気が原因で起こっている口臭であれば耳鼻咽喉科での治療が必要になります。
甘いものを摂り過ぎる、ゲームやテレビで夜更かしをして寝不足になる、食物繊維を多く含んだ野菜を食べていないと言うことも子どもの口臭の原因となるので、バランスのよい食事、規則正しい生活を心がけましょう。

 肋間神経痛  ホタテ丼
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

口臭の原因
その他、食べたものが原因となって起こる口臭もあり、ニラやにんにく、ねぎなどの香りの強い食べ物は食べ物由来の口臭の原因の代表的なものでしょう。
お口のトラブルが原因の口臭
口臭は内臓の疾患や便秘症などが原因で起こることもありますが、多くはお口の中のトラブルが原因になっているようです。
ドライマウスによる口臭
口臭を起こすドライマウス(口腔乾燥症)とは、唾液の分泌が低下して口腔内が乾燥している状態のことを言います。
口臭がきつくなる食べ物
梅干やレモン、牛乳などの食品や飲料によって口臭を予防することが知られていますが、その反対に、口臭をきつくしてしまう食べ物や飲み物もあります。
口臭チェッカー
そんなときに役に立ってくれるのが、自分で口臭をチェックすることができる「口臭チェッカー」という機械です。
口臭を起こすもの
朝ごはんを抜いたり、早食いをしたり、過度なダイエットを行なうことも唾液減少につながり口臭を起こします。
口臭を防ぐ飲み物
牛乳由来の食品はにんにくやアルコールなどによる口臭を防ぐ効果が特に高いとも言われているので、口臭の原因によって使い分けるのもいいでしょう。
口臭を防ぐ食べ物
レモンや梅干などにも口臭を防いでくれる効果があるといわれています。これらは酸性の食品で、食べることで口の中の唾液の分泌を促して、唾液をたくさん出すことによって口臭を防ぐ効果を発揮してくれます。
口臭外来
口臭外来とは、その名前の通り口の臭いを気にしている人たちのために診察をしてくれるところで、歯科医や大学病院などに開設されています。
口臭対策グッズ
舌苔がたくさん付着したまま放っておくと口臭が発生しやすくなるため、舌ブラシなどを使ってのケアが必要になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2273

コメントする



このサイトを購読する